HOME鉄道情報沿線おでかけ案内/神戸電鉄沿線おでかけガイド>雄岡山・雌岡山

 


  大きさも形も瓜二つの山。
  遠くから眺めると子牛の角のように見えたことから「男牛(お
  ご)」「女牛(めご)」、それが「雄岡」「雌岡」になった。
  雄岡山には神戸市内で唯一の三角点があり、山頂の石の祠には帝
  釈天が祀られている。
  雌岡山は牛頭天王を祀るので「天王山」とも呼び、山頂には神出
  神社がある。
  山頂までの道のりには、梅林が広がる。
 




大きな地図で見る


  ● 交通:緑が丘駅下車、雄岡山 徒歩約20分
              雌岡山 徒歩約60分

  ● お問い合わせ:西区まちづくり推進課
           078(929)0001


雄岡山山頂の石の祠には帝釈天が祀られている


雌岡山山頂には神出神社がある