HOME鉄道情報沿線おでかけ案内/神戸電鉄沿線おでかけガイド>淡河城址

 


  播磨一帯の豪族であった北条時房の孫にあたる淡河時治の城とさ
  れる。
  戦国時代には別所氏に属したが、天正7年(1579)に三木城
  とともに落城した。
  市民公園として整備されており、農村風景を一望できる。
  城址付近には道の駅「淡河」があり、地元産のそばを使用した手
  打ちそばが味わえる。
 







大きな地図で見る





 ● 交通: 道場南口駅より神姫バス「淡河」バス停下車