HOME鉄道情報沿線おでかけ案内/神戸電鉄沿線おでかけガイド>多聞寺

 


  孝徳天皇の頃(645~654)、現在の地より南東の古寺山に
  創建されたといわれている。
  平清盛の福原遷都の際、古寺山が鬼門の方角にあたるので、新都
  の守護寺とされ大いに栄えたが、一ノ谷の合戦後衰え、寛正3年
  (1462)に現在の地へ移された。
  境内にある樹齢300年以上のかやの大木は、神戸市より「名木」
  の指定を受けている。
 



大きな地図で見る






 ● 交通:神鉄六甲駅下車、すぐ
 ● お問い合わせ:078(981)5001